新たな染め絵との出会い

2年ぶりの伊達での展示会、とてもドキドキしています。
伊達はてんまる堂が生まれた場所。今も暖かく、支えてくださる
存在です。

藍を育てるえつこはずっと伊達です。くみこは今、登別在住ですが、
ほぼ毎週伊達にいっています。伊達に向かう道でみる風景から生まれた染め絵も数多くあります。

そして、登別や室蘭でも多くの新しい出会いがありました。
二人の住む場所が離れたことで、活動の範囲も拡がりました。

どこに住むか、何をするか、制約はあってもそれは最終的には
自分で決めています。そして、そこから始まる出来事も、
自分が引き寄せています。

登別にきて、木立の中の散歩が多くなりました。
そうすると知らない間に、木からエネルギーをたくさん
もらってました。

引っ越した最初の春は、あちこちの木の芽吹きの素晴らしさに
圧倒されました。
あんまりきれいで写真もいっぱい撮りました。

けれども次の年には隣に負けて消えてしまった木もありました。

あんなにすごい勢いをみせてくれたのに…
まるで私のために見せてくれたようにも思えるのです。

出会いは本当に一期一会です。

今回の展示会で、また新しい刺激とインスピレーションが
来てくれた方にも私たちにも生まれるといいな、
と思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA